生活お役立ち

初めて結婚式に出席した感想!準備や流れは?

こんにちはびびです!

先日、中学の頃の友人の結婚式に出席してきました。

記念すべき、結婚式初出席です。

 

いやーいいもんですね結婚式、感動しちゃいました。

でも初めてだったので、勝手が全然わからなかったんですよね。

なので今回は、「これから結婚式に初めて行く」という人に向けて、1度経験したぼくが、先輩ずらして説明していくぜ!

うそです、すみません、普通に説明します。

 

「正直、行くかどうか悩んでる」という人もいると思います。

そんな人に、先に言えるのは、

行ったほうがいいですよ!!

ということ。

 

「ご祝儀が高い」って?ぼくもそう思ってましたよ、行く前は。

でもその分、行く価値があるんだなこれが。

じゃあさっそく見ていきますか。

この記事の内容

✅結婚式に参列する際の準備

✅結婚式当日の流れ

✅結婚式に初めて参加した感想

結婚式前の準備

まずは準備から見ていきましょう。

ぼくも初めてで、なーんもわからなったので、色々調べて準備しました。

結構細かいマナーが多くて、めんどくさいんですよこれが。

招待状

まず最初は招待状が届いて、返事をするところから始まります。

届いたらこれ、ずぐ返すのがマナーなんですよね。基本的には、2、3日で返したほうがいいです。

遅くても1週間以内には返しましょう。

ぼくは知らなくて、ギリギリ1週間ぐらいで返しました笑

 

そして書き方にもマナーがあるんです。

この辺は、ぼくが参考にしたサイトをご覧ください。

www.weddingpark.net

へー。

欠席の場合は、なんとかしようとした感を出すために、すぐ返してはいけないのか…

いや、いらねえだろこのルール!

マナー細かすぎる…

ご祝儀

はい、続いてはご祝儀です。

「いくら包めばいいの?」と疑問に思うところですよね。

相場は3万円です。

友人や同僚へのご祝儀は、約9割の人がが3万円だそうです。

 

ぼくも友人の結婚だったので、3万円にしました。

金額についてもこれまたマナーがあるんです。

基本的には奇数の金額がいいとされています。これは偶数だと、2で割り切れるので、2人が別れることをイメージさせるからだそうです。

しかし、

  • 2万円は、「夫婦、ペア」を意味するのでOKとする。
  • 8万円は末広がりなのでこれまたOKとする。

なんていうルールもあります。

むずかしっ、もういくらでもよくね…

 

またお札は、新札を用意しなくてはなりません。

これは銀行の窓口でお願いすれば、名前と住所を書くだけで、すぐ交換してくれます。

袋の書き方はこちらをご覧ください。

www.weddingpark.net

そしてご祝儀袋をさらに、袱紗(ふくさ)という布に包むのがマナーです。

 

ぼくは持ってなかったので、ぶっちゃけ袱紗には包まないで持っていっちゃいました。

なので結構心配だったんですよね。

「お前まさか袱紗に包んでないの!?」ってさらし上げられたらどうしようって。

でもなんのこっちゃ問題なかったです笑

 

友人の結婚式だと、受付の人も同年代ですし、そもそも袱紗に包んでいない人も結構いましたね。

案外そんなに、かしこまらなくても大丈夫ですよ。

式当日の服装

基本の服装は、礼服などのブラックスーツになります。

白いスーツや、黒いシャツ、またはビジネススーツなんかもNGコーデですので、注意してください。

 

ネクタイは基本的には、白かシルバーです。

でも最近では、パステルカラーやドット、ストライプの定番の柄ならOKという場合もあるとか。

 

ネクタイにもこれはNG、という柄があります。

黒いもの、派手な柄やアニマル柄などはNGとされています。

むずかしいですねぇ、まあネクタイは白かシルバーをつけとけば間違いないです。

 

なんですが!わたくし、ビジネススーツしか持ってない。かつ白、シルバーのネクタイももってない!

ということで、ビジネススーツにストライプのネクタイで行っちゃいました。(だいぶ適当)

 

結果はというと!

これまた特に問題なかったです!

いや問題ないんかーい、と自分でも思っちゃいましたよ。

 

礼服じゃない人や、白ネクタイじゃない人、結構普通にいました。

歳があがっていくにつれて、正式な服装になっていくような感じですね。

なので会社の人の結婚式に行く場合は、ちゃんとしたほうがよさそうです。

結婚式当日の流れ

準備が終わったらついに結婚式本番です。

当日の流れを説明していきます。

 

まずは会場に到着して、受付を済ませます。遅くても30分前にはついていたほうがいいです。

式場の人が案内してくれるので、それにそって受付すれば大丈夫です。

 

時間まで待機したら、ついに式の始まりです。

結婚式は挙式と披露宴に分かれています。

 

まずは挙式から。

挙式は、指輪を交換したり、誓いのキスをかわしたりするあれです。

そうそう、よくドラマで花嫁が連れ去られちゃうシーンのあれです。

(ぼくが参加した挙式では見られなかったなあ)

これが約30分くらいですかね。

ぼくはこの挙式が、1番感動したかもしれないです。

 

挙式を終えた後は、外に出て写真撮影をしたり、ブーケトスをしたりします。

それからよく見る、新郎新婦が階段から降りてきて、「花びら、わー」みたいな、

「おめでとー、わー」めたいなのも、このタイミングでやります。

ããªã¼åç, çµå©å¼ï¼ãã©ã¤ãã«ï¼, 人ç©, ã«ããã«, è±å©¿ï¼æ°éï¼, è±å«ï¼æ°å©¦ï¼, ãã¼ã±, ç´å¹éª, é段

(これてっきり1番最後にやるものだと思ってた。)

これまた30分くらいです。

そしてそのあと披露宴になります。

食事をしたり、余興をしたり、ケーキ入刀したりするやつですね。

ããªã¼åç, 人ç©, ã«ããã«, è±å©¿ï¼æ°éï¼, è±å«ï¼æ°å©¦ï¼, çµå©å¼ï¼ãã©ã¤ãã«ï¼, äºäºº, ã¦ã§ãã£ã³ã°ã±ã¼ã­, ã±ã¼ã­å¥å

新郎新婦によって前もって席を決められてあるので、友人同士で座れるので安心してください。

 

また、披露宴が始まったら、ずっと座りっぱなしで動けないかなと思っていたのですが、そうでもなかったです。

意外と自由に、トイレに行ったり、たばこを吸いに行ったりできました。

 

ここでの、新婦の両親への手紙や、新郎のしめのスピーチなども感動的でしたね。

この披露宴が約2時間くらいです。当日の流れはこんな感じですかね。

初めて結婚式に出席した感想

行く前は、「ご祝儀3万か高いなあ、ちょっとなあ…」って思ってました。

でも結果的に3万出してでも、行ってよかったです

おいしいコース料理が食べられて、お礼に引き出物ももらえて、夫婦の

新たな門出に立ち会えて、感動も分けてもらえる。

最高じゃないですか?

 

ぼく、自分が結婚するとなっても「式は正直やりたくないな」って思ってたんですよ。

めんどくさそうだし、照れくさいじゃないですか。

でも初めて結婚式に出席して、「結婚式いいな、やってもいいかな」と考えが変わりました。

なによりお嫁さんのために、やってあげたほうがいいなと思いました。

(まずは相手をさが……)

さいごに:迷っている人は行くべき

f:id:kaeru2019:20190219212127p:plain

そんなわけで、初めての結婚式とてもよかったです。

「招待されたけど行くか迷ってる」という人にはぜひ行くことをおすすめします!

 

それから「初めての出席で不安だ、マナーがありすぎてよくわからない」

という人には、

気負うことない!意外と適当でだいじょうぶだ!

ということを伝えたいです。

 

初めての結婚式の出席となると、たくさん準備について調べると思うんですよ。

そうすると、調べれば調べるほどいろいろなマナーが出てきて、すごい不安になると思います。

でも大丈夫です!意外と気楽に出席しちゃって平気です!

 

あくまでも、主役は新郎新婦なわけですからね、そんなに気負うことないんですよ。

これが一番、これから行く人に伝えたいですね。

というわけで初めて結婚式に出席した感想でした。

これから結婚式に出席する人に、ちょっとでも役立てばなと思います。

 

以上、「初めて結婚式に出席した感想!準備や流れは?」でした。