映画

【恥ずかしい?】初めての一人映画がメリットだらけだった件

1人映画の記事のアイキャッチ画像
見たい映画があるんだけど、友達と予定会わないなぁ。DVDが出たら見ればいいか
1人で見に行けばいいじゃん!
その手があったか!

というわけで今回、始めて1人で映画を見てきました。


結論から言うと、1人映画最高でした!ハマりそうです笑

この記事の内容

✅1人映画のメリット

✅1人映画のデメリット

✅1人映画が恥ずかしくない理由

 

もうね、いいことばっかりですよ1人映画。

まだやったことない人にもぜひやってほしい、そう思って「1人映画のメリット」や「1人映画が恥ずかしくない理由」をまとめました。

さっそく見ていきましょう。

1人映画の4つのメリット

映画館の画像

まずはぼくが感じた1人映画のメリットを、4つ紹介します。

1人映画はとにかく自由

あたり前ですが、1人映画はとにかく自由です!

  • いつ見るか
  • 何を見るか
  • どの席で見るか
  • 字幕はありかなしか

これらを全部、自分が好きなように決められます。

朝一で見てもよし、好きな時に起きて見てもよし、何を見てもよし、どの席で見てもよし。

1人席なので、相当混雑してないかぎり、どこでも席を確保できます。

 

最高じゃないですか?複数人でいく場合、こんな自由はないですよね。

この自由さが、1人映画の大きなメリットの1つです。

すごい集中できる・好きなだけ泣ける

続いてはこちら。1人映画、すっごい集中できます!

となりに人がいると、何気ない仕草でも意外と気になったりしますよね。

これが1人映画なら、となりに人がいないので、どっぷり映画の世界にひたることができます。

 

さらに、感動する映画だった場合、他人の目を気にせず好きなだけ泣けるのも、1人映画ならではのメリットです。

友達と行くと、泣くのをためらっちゃって集中できないよね笑

余韻にひたれる

1人映画なら、いくらでも余韻にひたることができます。

ぼく、エンドロールは絶対最後まで見たいし、なんならエンドロールが終わった後も座席についたまま余韻にひたりたいんです。(良い映画、悪い映画関係なく)

 

これが友だちと行くと、すぐ感想発表会が始まっちゃって余韻どころではないですよね。

それも楽しくていいんですけど、どっぷり余韻にひたれる1人映画も、たまにはおすすめです。

ポップコーンの味が選べる

最後はおまけ程度のメリットですが、ポップコーンの味が選べて、なおかつ独り占めできます笑

複数でいくと、「ポップコーンは食べるか、何味を食べるか、シェアするか」と迷いますよね。

1人映画なら、好きな味のポップコーンを好きなだけ食べられます。

おまけ程度のメリットだね
いや、このポップコーン問題はめっちゃ大事だよ!
(ポップコーン問題?)

1人映画のデメリット:感想を共有できない

1人で映画を見る人の画像

メリットを4つ紹介しました。続いては、唯一感じたデメリットについてです。

それは「映画の感想を共有できない」ということ。

 

「あのシーンよかったよね」、「あのシーン笑ったよね」なんていう会話はできません。

どんなに映画がおもしろくても、感想を共有できないのはちょっとさびしかったです。

 

逆に言うと、ぼくが感じたデメリットはこの「感想が共有できない」ということだけでした。

1人映画が恥ずかしくない理由

1人映画のメリットとデメリットはわかったけど、1人映画ってやっぱりなんか恥ずかしくない?

という方も多いと思います。ぼくもそう思って、なかなか1人映画に挑戦できずにいました。

ですが!1度やってしまえばなんてことはありません、1人映画はちっとも恥ずかしくないです!

その理由を3つ紹介していきます。

1人映画をしている人は結構いる

まずは、1つ目。1人映画をしている人は結構います!気にすることはありません。

いつも複数人できている時は気づきませんでしたが、よくよく周りを見てみれば、1人できている人が意外たくさんいるではないですか。

(1番最初に席について観察しました笑)

 

さらにはこんなアンケート結果もでています。

映画館へ行く人数のアンケート結果の画像

出典:映画ランド

「映画に何人でいきますか?」という質問にたいして、なんと40.1%もの人が「1人でいく」と答えています。

10人中4人もの人が、1人で映画を見ているんです。

結構な割合ですよね。自信をもって1人で行きましょう。

映画館のスタッフもなんとも思ってない

約4割の人がやっているといっても、映画館のスタッフからは白い目で見られてるんじゃないの?
自意識過剰だな、君は

映画館のスタッフも「うわ、あいつ1人で来てんじゃん、ウケるww」なんて思ってないので安心してください。

こちらを見ていただければわかると思います。↓


むしろ1人映画をする人は歓迎されています。気にせず1人で見に行きましょう。

人目につくことが少ない

1人〇〇が恥ずかしいのって、誰かに見られている時や誰かと接しているときですよね。

映画の場合、人と接するのはチケットを買う時、ポップコーンなどを買う時、上映スクリーンに入る時だけですし、中に入ってしまえば誰かに見られることもありません。

他の1人〇〇に比べれば、とても難易度が低いです。

チケットのネット予約もできるしね

さいごに:1人映画は最高です

1人映画のメリット・デメリットと、1人映画が恥ずかしくない理由を紹介しました。

メリットをまとめるとこの通り。

  • 1人映画はとにかく自由
  • すごい集中できる・好きなだけ泣ける
  • 余韻にひたれる
  • ポップコーンの味が選べる[オマケ]

1人映画はメリットがたくさんありますし、全然恥ずかしいことではありません。

 

ぼく自身初めての1人映画でしたが、完全にハマりそうです。

ぜひあなたも、これを機に1人映画デビューしてみてはいかがでしょうか?

 

以上、「【恥ずかしい?】初めての一人映画がメリットだらけだった件」でした。