生活お役立ち

正しい昼寝の方法とその効果|あなたの昼寝、実はNGかも?

昼食後ねむすぎる…正しい昼寝の方法と、その効果が知りたい

こんな悩みを解決できる記事になっています。

 

最近では昼寝の効果が注目され、海外を中心に、昼寝の制度を取り入れる企業も増えてきています。

それだけ昼寝にはすばらしい効果が秘められているんです。

ということで今回は、

  • 昼寝の効果
  • 正しい昼寝の方法
  • 誤った昼寝の方法

などを紹介しようと思います。

この記事を読めば、正しい昼寝ができるようになり、日中のパフォーマンスが向上しますよ。

それでは見ていきましょう。

昼寝による効果

まずは昼寝にはどんな効果があるのか、3つ紹介します。

眠気の解消

ほとんどの人は、ランチを食べ終えて一息ついたころに、眠気を感じると思います。

それもそのはず、実は人間の体はもともと、14時から16時をピークに眠気が訪れるようにできているんです。

なので、この眠気のピークが訪れる前に昼寝をすることで、眠気の解消につながります。

この眠気さえなければ、午後からの作業効率もアップしますよ。

集中力・記憶力のアップ

昼食後に訪れる眠気は、集中力や記憶力を低下させます。

そこで昼寝をすることにより、脳が活性化し、低下した集中力や記憶力をアップさせることができるんです。

 

この効果はNASA(アメリカ航空宇宙局)でも調べられていて、26分間の昼寝をした飛行士は、認知度が34%、注意力は54%も向上した、という結果が出たそうです。

認知度、注意力といってもピンとこないかもしれませんが、注意力に関しては5割も向上しているので、そのすごさが分かります。

病気の予防

昼寝は、このようなパフォーマンスの向上だけではなく、病気を予防することもできるんです!

昼寝をすることで一時的に血圧が下がり、高血圧の予防になり、心臓病や糖尿病、脳梗塞といった病気の防止につながります。

 

また、ある神経医療研究センターの解析では、認知症の発症率が下がることもわかっています。

普段昼寝をしない人に比べて、「30分~1時間程度昼寝をする」人は、認知症の発症率が約半分に、「30分未満の昼寝をする」人にかぎっては約1/7にまで下がるんだそうです。

昼寝の効果すさまじいですよね。

正しい昼寝の方法

昼寝のすばらしさがわかったし、今日から昼寝をしよう! 
ちょっと待って!昼寝といっても、ただ寝るだけじゃだめだよ

誤った昼寝では、そのすばらしい効果も台無しです。

ここからは正しい昼寝の方法を説明していきます。

昼寝の時間

一番大切なのは、昼寝の時間。

15~20分間の昼寝がベストです。

「短くない?」と感じる人もいると思いますが、昼寝の最大限の効果を発揮するためには、この長さがベストなんです。

 

NG

30分以上の長い昼寝はNGです。

昼寝の時間が長すぎると、ぐっすり深い眠りに入ってしまい、目覚めが悪くなります。

昼寝から目覚めたときに起きる頭痛や寝ぼけは、この眠りすぎからきていることがほとんどです。

正しい昼寝の時間を守ることで、スッキリ目覚められます。

昼寝をするタイミング

昼寝をするタイミングも大切です。

眠気のピークが訪れる、昼の12時から15時くらいの間にするようにしましょう。

 

NG

16時以降の昼寝はNGです。

遅い時間にする昼寝は、夜の睡眠の質を下げてしまうからです。

 

もしどうしても眠い場合は、昼寝を少し我慢して、夜早めに寝るようにしましょう。

昼寝の姿勢

続いては昼寝をする時の姿勢です。

眠りが深くなりすぎないように、イスに座った状態で昼寝をしましょう。

 

NG

横になって昼寝をするのはNGです。

ベストな昼寝時間、「15分~20分」で起きられなくなるからです。

少し寝づらいくらいの姿勢で、寝るようにしましょう。

よりスッキリ目覚めるために

上記の方法で昼寝をすれば、十分な効果が期待できますが、ここからはさらにスッキリ目覚めるための方法を紹介します。

昼寝の前にカフェインを摂取する

カフェインに眠気覚ましの効果があることは有名ですが、その効果は摂取してから約20~30分後にあらわれる、ということはご存知でしょうか。

このカフェインの性質を利用します。

昼寝をする直前に、お茶やコーヒーなどのカフェインを摂取することで、ちょうど目覚めた時にカフェインの覚醒効果があらわれ、よりスッキリ目覚めることができます。

アイマスクをして昼寝をする

短時間でよりよい睡眠をとるために、アイマスクをして昼寝をするのがおすすめ。

 

「アイマスクなんていらないよ」というそこのあなた!

だまされたと思って一度使ってみて下さい。

思ってる以上によくておどろきますよ!(ぼくがそうでした笑)

 

「そもそもアイマスクってどんな効果があるの」って人も多いと思います。

アイマスクをして寝ることでこんな効果があります。

  • 目に入る光を完全にさえぎることで、目をしっかりと休ませる
  • 目の周りを温め、筋肉の緊張をほぐし、血行をよくする

アイマスクをすることで、目をしっかり休ませたり、血行をよくしたりして、より質の高い睡眠ができるようになります。

ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

繰り返し使えて、耳が痛くならないものがおすすめです。

もちろん夜寝るときにもおすすめだよ!

昼寝したくてもできない人へ

ここまで昼寝の効果や正しいやり方を紹介しましたが、働いている人は職場や業務の関係で、「昼寝したくてもできない」という人もいると思います。

そんな人にためしてほしいのが、数分間「目を閉じる」、ということ。

 

人間は日頃、目をあけているだけでたくさんの情報が入ってくるので、自然と脳に負担がかかっているんです。

そのため短い時間でも、目を閉じるだけでリフレッシュ効果が期待できます。

1分~2分でも効果があるので、昼寝ができない、という人はためしてみてください。

さいごに

正しい昼寝とその効果をまとめてみましょう。

昼寝の効果
  • 眠気の解消
  • 集中力・記憶力のアップ
  • 病気の予防になる
正しい昼寝の方法
  • 昼寝の時間は15分~20分間【重要
  • 昼寝のタイミングは12時~15時まで
  • 横にならず座ったままの姿勢で昼寝する
  • 昼寝の前にカフェインを摂取したり、アイマスクをしたりすることでよりスッキリ目覚められる

このように正しい昼寝は、すばらしい効果を発揮します。

積極的に昼寝をして、日中のパフォーマンスを向上させましょう!

 

以上、「正しい昼寝の方法とその効果|あなたの昼寝、実はNGかも?」でした。

日本でも昼寝の文化がもっと広まるといいな…

それでは。