書評

【書評】ホリエモンの『多動力』をオーディブルで聴いてみた

ホリエモンの多動力を読んで

わたくしこの度、初めてホリエモンこと堀江貴文さんの本を読みました。

それがこの本、『多動力』です。

耳で聴く本の「オーディブル」で無料だったので、軽い気持ちで読んで(聴いて)みましたが、とてもおもしろかったです。

ホリエモンさんの考え方や仕事観が書かれており、「なるほどなー」とか「これは明日からやってみよう」となる箇所がたくさんありましたね。

 

というわけでこの記事では、『多動力』で特に印象に残った箇所をまとめました。

まだ読んでいない人は、ぜひ参考にしてみてください。

どんな人でも必ず学びが1つはあると思いますよ。

Amazonオーディブル

現在Amazonオーディブルでは、1冊無料で「耳で聴く本」を楽しめます。

『多動力』も無料ですので、気になる方はオーディブルの公式サイトをチェックしてみてください。

\今なら1冊無料/

【公式】Amazon
オーディブル

※無料体験中に解約すれば料金は一切かかりません

詳しくは、『Audible(オーディブル)の無料体験を試してみた!料金や仕組みは?』をご覧ください。

『多動力』ってどんな本?

散らかった机

多動力

…いくつかの異なることを同時にこなす力のこと

本書では、多動力のことをこのように↑説明しています。

 

そしてこの多動力こそが、これからの時代を生きるために最も大切な能力だと、ホリエモンさんは言います。

ではなぜこれからの時代に多動力が必要なのか、その多動力はどうすれば身につくのか、そんなことがまとめられた1冊です。

 

また、各項目の最後には「やってみようリスト」というものがついています。

本を読んだだけで満足してしまう人に向けて、チャレンジするべきことが書いてあるんです。

このやってみようリストをうまく活用すれば、本書の内容をより深く理解できますよ。

 

ちなみに、ぼくが思うに『多動力』はこんな人におすすめです。

『多動力』がおすすめな人

  • ホリエモンの本をまだ読んだことがない人
  • 今の自分を変えたい人
  • 本を読むだけで知識を得た気になって、行動しない人
  • いつも他人の目を気にしてしまう人

特にぼくのように、ホリエモンさんの本をまだ読んだことがない人に、ぜひ読んでいただきたいです。きっと新たな発見がありますよ。

 

続いては、特に印象深かった箇所をいくつか紹介していきます。

【書評】多動力で特に印象に残った箇所

読書をする子供

1日をワクワクで埋め尽くせ

多動力を身につけるためには、24時間しかない1日のうち、ワクワクする時間を増やし、逆にワクワクしない時間を減らせ、とホリエモンさんは言います。

ワクワクしない時間が多くては、たくさんのことに挑戦する時間を確保できないですからね。

 

そしてワクワクしない時間を減らす具体的な方法は、「やらなくていい仕事はやらず、付き合いたくない人とは付き合わない」ことです。

会社でやらなくていい仕事まで受けていたぼくには、この言葉がグサグサ刺さりました笑

 

まずは自分がやりたいことは何か、そしてやらなくていいことはなんなのか、これを見極めることが大切ですね。

見極めた後は、ワクワクしない時間を少しずつ減らしていかなきゃね

多動力をジャマする感情をすてろ

多動力の1番の障壁となるのは、「恥ずかしい」、「どう思われているだろう」という感情で、

この感情のフィルターを外すことが多動力を身につけるためには必要だ、と本書にはあります。

要するに、恥をかいたり失敗したりする勇気を持て、ということです。

 

わかっちゃいるけど、これがなかなかむずかしいんですよね。

実は誰も他人にはそこまで興味がない、これを意識しつつ、どんどん行動していこうと思います。

たとえ失敗しても、3日もたてば誰も覚えてないよ!笑

準備はいらない!とにかくやってみよう

ホリエモンさんが『多動力』で繰り返していたのが、「とにかく行動しよう」というメッセージ。

準備なんかいらないから、見切り発車でとにかくやってみることが大切だとおっしゃっています。

念入りに準備をするタイプのぼくには、この言葉がかなり響きました。

 

先ほどの『多動力をジャマする感情をすてろ』と繋がってきますが、つい「失敗したらどうしよう」と不安になってしまうんですよね。

こんな感情はすて、「とにかくやってみて、考えるのはそれから」この意識を強くもって行動しようと感じました。

さいごに:多動力を読んだら行動に移そう!

ホリエモンさんのベストセラー本『多動力』について書きました。

この記事で書いたのは、ほんの一部の言葉です。

他にも、

  • 仕事が遅い人は速度ではなくリズムが悪い
  • 猿のようにハマり、ハトのように飽きよ
  • 会議中にスマホをさわる勇気を持て
  • 人生は今がすべて、目的や夢は必要ない

などなど、濃い内容が盛りだくさんです。

 

「自分を変えたい」「本を読んで知識を得た気になっている」「準備に力を入れすぎてなかなか行動できない」という人は、ぜひ1度読んでみてください。

きっと読んだ次の日から、たくさんのことにチャレンジしたくなりますよ。

以上、「【書評】ホリエモンの『多動力』をオーディブルで聴いてみた」でした。

▼漫画版もあります▼

 

オーディブルの「耳で聴く本なら1冊無料!

Amazonオーディブル

Amazonオーディブルでは現在、「耳で聴く本」を1冊無料で体験できるサービスを実施しています。

『多動力』も無料で読めるので、まだオーディブルを利用したことがない人は、ぜひ1度体験してみるといいですよ。

\今なら1冊無料/

【公式】Amazon
オーディブル

※無料体験中に解約すれば料金は一切かかりません

詳しくは『Audible(オーディブル)の無料体験を試してみた!料金や仕組みは?』をご覧ください。

オーディブルの無料体験を試してみた
Audible(オーディブル)の無料体験を試してみた!料金や仕組みは?AmazonAudible(オーディブル)の無料体験について詳しく知りたいですか。この記事では、実際にオーディブルの無料体験を利用したぼくが、オーディブルの仕組みや料金、メリットや登録方法についてまとめました。まだオーディブルを利用したことがない人は必見です。...
かえるのしっぽプロフィール

この記事が気に入ったらフォローしよう!