美容

使いこなせてる?【ナノケア】ヘアドライヤーの正しい使い方!

ナノケアのドライヤーを買ったんだけど、機能が多すぎて使いこなせない…正しい使い方が知りたい

こんな悩みを解決できる記事になっています。

本記事内容

  • ナノケアの機能の説明
  • ナノケアの正しい使い方

こちらのパナソニックのドライヤー、「ナノケアEH‐NA99」の使い方や機能を、実際に愛用しているぼくがまとめた記事になっています。

この記事を読めば、ナノケアが使いこなせるようになって、より美しい髪を手に入れられますよ。

ではさっそく見ていきましょう。

「EH-NA99」をもとに説明していきますが、最新の型の「EH-NA9A」も基本的な機能や使い方は変わらないので、同じく参考にしてみてください。

「ナノケアEH‐NA99」のレビュー記事はこちら。

ドライヤーレビュー!「ナノケア」EH‐NA99は男にもおすすめ! と悩んでいる人のために今回は、実際に「ナノケア」を2ヶ月使ったぼくが、レビューを書いていこうと思います。...

ナノケアの機能

使い方を説明するまえに、まずはナノケアの機能を1つずつ説明していきます。

温冷リズムモード

温風と冷風を、5秒間隔で交互にだしてくれるモードです。

温風でクセを伸ばして、冷風でそれを固定します。

そうすることによって、髪の表面が整い、ツヤ感のある美しい髪に仕上がります。

毛先集中モード

毛先の傷みや広がりが気になる方には、こちらのモード。

毛先までしっとりまとまって、美しい髪に仕上がります。

スカルプモード

約60℃の温風でやさしく地肌を乾かします。

風が頭皮にあたっても熱くなく、地肌のケアには最適なモードです。

 

正直効果があるかはわかりません笑

スキンモード

引用:https://panasonic.jp/hair/dryer/products/EH-NA9A.html

「ナノイー」と「ミネラルマイナスイオン」をふくんだ風を顔に当てることで、肌のうるおいを保ち、しっとり肌になれます。

 

「このモード本当に効果あるの?」と使ってない人に試してほしいんですけど、1分間くらい手の甲に当ててみてください。

そうすると、手の甲がロウに包まれたような感じで、つるつるになるんです。

これを顔に当てているわけなので、ちゃんと効果があるんですよ。笑

1度やって確かめてみて! 

インテリジェント温風モード

室温に応じて自動で、風の温度をコントロールしてくれるモードです。

夏の暑い風呂上りなんかに役立ちます。

 

このモードも正直、「いるかな…」と思ってたんですが、先日暑い日に使ってみたら、これが意外と役に立つんですよね。

とても快適に乾かせるので、ドライヤーで汗をかくことが減りそうです。

「ナノイー」イオンチャージPLUSパネル

持ち手の部分についている「イオンチャージパネル」。

これをにぎりながら乾かすことで、「ナノイー」と「ダブルマイナスイオン」がより髪に付着しやすくなります。

そうすることによって水分が補給され、毛先までうるおいが浸透するんです。

手の一部でも触れていればいいので、なるべく触れながら乾かすようにしましょう。

セットノズル

ナノケアにはセットノズルが付属でついてきます。

風を集めるためのノズルなので、ブローするときに使いましょう。

 

早く乾かしたい場合には、外して使った方がいいです。

ナノケアの正しい使い方

機能が分かったところで、続いては正しい使い方を2通り紹介します。

  • 頭皮の乾燥が気になる人
  • 毛先のダメージが気になる人

に分けて紹介するので、自分に合っている方の使い方を覚えましょう。

頭皮の乾燥が気になる人

①温風モード

まずは【TURBO】か【DRY】にして、温風モードで全体を乾かします。

ここは通常のドライヤーと同じですね。

 

髪の内側から、手ぐしで軽く下にひっぱりながら、乾かしていきます。

7割ほど乾いたら、次のステップです。

②スカルプモード

7割ほど乾いたら、【SCALP】スカルプモードに切り替えます。

どれだけ頭皮に近づけても熱くないです。なので頭皮をしっかり乾かすことを意識して、ドライヤーを当てましょう。

このスカルプモードで、9割ほど乾かします。

③温冷リズムモード

最後の1割は、【🔁】温冷リズムモードで仕上げです。

毛流れを整えるように、下にひっぱりながら乾かします。

 

温風と冷風がしっかり当たるように、髪を右側と左側に分けて、順番にゆっくり乾かすのがポイント。

完全に乾いたら終了です。

毛先のダメージが気になる人

①温風モード

【TURBO】【DRY】にして、温風モードで乾かします。

ここまではさっきと同じですね。

髪の内側から、手ぐしで軽く下にひっぱりながら、乾かしていきます。

 

7割ほどこの温風モードで乾かします。

②温冷リズムモード

7割ほど乾いたら、【🔁】温冷リズムモードに切り替えます。

 

温風と冷風が両方あたるように、頭の右側と左側で分けて、順番にゆっくり乾かしていきます。

9割ほど乾いたら、次のステップです。

 

③毛先集中モード

残り1割は、温風を【ŞET】に変えて、【CARE】毛先集中モードで仕上げです。

髪の内側と外側から、毛先にむかって乾かしていきます。

 

このモードで乾かすことで、一気に毛先がまとまります。

完全に乾いたら終了です。

さいごに

ナノケアの使い方は以上になります。

まとめるとこんな感じです。

頭皮の乾燥が気になる人

温風モースカルプモード温冷リズムモード

毛先のダメージが気になる人

①温風モード②温冷リズムモード③毛先集中モード

自分が頭皮の乾燥が気になるのか、毛先のダメージが気になるのか、それによって使い方を変えてみて下さい。

自分にあった使い方ができれば、より美しい髪に仕上げられますよ。

ぜひこの記事を参考に乾かしてみてください。

 

以上、「使いこなせてる?【ナノケア】ヘアドライヤーの正しい使い方!」でした。

それでは。

ドライヤーレビュー!「ナノケア」EH‐NA99は男にもおすすめ! と悩んでいる人のために今回は、実際に「ナノケア」を2ヶ月使ったぼくが、レビューを書いていこうと思います。...