お金・節約

UQモバイルとワイモバイルの違い!結局どっちが良い?

  • 格安SIMに乗り換えようと思ってるんだけど、UQモバイルとワイモバイルの違いって何?
  • 結局どっちがおすすめなの?

こんな疑問を解決できる記事になっています。

本記事の内容

  • UQモバイルとワイモバイルの同じ点
  • UQモバイルとワイモバイルの違う点
  • UQモバイルとワイモバイルはそれぞれどんな人におすすめか

格安SIMの中でも特に人気の高い、UQモバイルとワイモバイルですが、「違いがよくわからない」という方も多いと思います。

そこで今回は、UQモバイルとワイモバイルを比較して、同じ点と違う点をまとめました。

 

結論から言うと、それぞれこんな人におすすめです。

UQモバイルがおすすめな人

  • 通信データをムダなく使いたい人
  • 通話プランを自分好みにカスタムしたい人

ワイモバイルがおすすめな人

  • 通話料金を気にせずたくさん電話をしたい人
  • スマホの他にタブレットも使いたい人

どちらも、「スマホ代を安くしたい!でも通信速度が遅くなるのはイヤ!」という人におすすめなのは共通しています。

 

なので、これから紹介する違いを参考に、より自分にあった方の格安SIMを選びましょう。

では詳しく見ていきます。

【公式】UQモバイル

【公式】Y!mobile

「UQモバイル」「Y!mobile」とは

まずはUQモバイルとワイモバイルについて、それぞれ軽く説明します。

UQモバイル

auのサブブランド」に位置するUQモバイル。

運営するのはUQコミュニケーションズ(KDDIグループ)で、au回線のSIMを提供しています。

安定した通信速度と、3大キャリアに近い料金プランが特徴です。

ワイモバイル

ソフトバンクのサブブランド」に位置するワイモバイル。

運営するのはソフトバンクで、ソフトバンク回線のSIMを提供しています。

シンプルでわかりやすいプランと、店舗数が多いことが特徴です。

UQモバイルとY!mobileの比較一覧

ではここからは、UQモバイルとワイモバイルを比較していきます。

2社に共通している、「月額1,980円のプラン」で比較してみましょう。

CMでやっている「イチキュッパ」や「ワンキュッパ」 ってやつだね
プラン名 ぴったり/おしゃべりプランS スマホプランS
月額料金 1,980円

(2年目以降2,980円)

1,980円

(2年目以降2,980円)

データ容量 3GB/月

(3年目以降2GB)

3GB/月

(3年目以降2GB)

データ繰り越し あり なし
実店舗 多い 多い
音声通話 ぴったり:60分/月が無料

おしゃべり:毎回5分以内かけ放題

毎回10分以内かけ放題
完全かけ放題 なし あり(スーパーだれとでも定額)
低速時の通信速度 最大300kbps 最大128kbps
留守番電話 有料(380円/月) 無料
家族割引 あり(オンライン契約とは別に手続き) あり(オンライン契約時に同時に手続き
光セット割 なし あり(おうちセット割)

 

特に気になるところを見ていきます。

UQモバイルとY!mobileはココが同じ

まずはUQモバイルとワイモバイルの同じ点を紹介します。

通信速度

UQモバイルとワイモバイルは、他の格安SIMに比べてもダントツの速さで、2社の通信速度に差はほとんどありません。

どちらを選んでも3大キャリア並みの速さなので、速度面は問題ないでしょう。

 

ちなみに時間帯で見ると、UQモバイルは特に夕方が速く、ワイモバイルは朝と昼が速い傾向にあります。

料金・データ容量

UQモバイル・ワイモバイルともに、S・M・Lのプランがありますが、その料金とデータ容量は同じです。

そのため、端末以外の基本の月額で差がでることはありません。

 

UQモバイル ワイモバイル
プランS(3GB) 1,980円/月

(2年目以降2,980円)

1,980円/月

(2年目以降2,980円)

プランM(9GB) 2,980円/月

(2年目以降3,980円)

2,980円/月

(2年目以降3,980円)

プランL(21GB) 4,980円/月

(2年目以降5,980円)

4,980円/月

(2年目以降5,980円)

どちらも2年目以降に料金が上がるんだね

契約の2年縛り

UQモバイルとワイモバイルには、3大キャリアと同じように2年縛りがあります。

どちらも2年ごとに訪れる更新月以外に解約すると、解約金9,500円がかかってしまうので注意しましょう。

2社とも、更新月を過ぎると自動更新されちゃうよ

実店舗の多さ

引用:Y!mobile|ショップ

ほとんどの格安SIMはコストをおさえるために実店舗をもたない、ということを「格安SIMはなぜ安い?」の記事で説明しました。

ですがUQモバイルとワイモバイルは例外です。

どちらも全国に多くの実店舗があるので、サポートや修理といったサービスを受けやすくなっています。

この実店舗の多さは、他の格安SIMにはない強みです。

ショップ|ワイモバイル

販売店舗一覧

UQモバイルとY!mobileはココが違う

続いてはUQモバイルとワイモバイルの違いについて。

先ほどの比較した表から、重要な部分を説明していきます。

データ繰り越しがあるのはUQだけ

UQはデータ繰り越しやターボ機能あり

 

UQモバイルにはデータ繰り越し機能があります。

当月に余ったデータ容量を、翌月に繰り越せる便利な機能です。

 

また、UQモバイルにはターボ機能という、高速と低速の通信切り替えができる機能もあります。

低速にしておけば、データ消費量はゼロでスマホを使えちゃいます。

 

UQモバイルにはこの「データ繰り越し」と「通信切り替え」の機能があるので、データ容量をムダなく使いたい、という人にとてもおすすめです。

 

ワイモバイルは繰り越し機能なし 代わりに「シェアプラン(子回線)」あり

 

ワイモバイルには、データ繰り越しや通信切り替えの機能はありません。

その代わり「シェアプラン」という、タブレット用のSIMカードを安く発行できる機能があります。

  • プランSは+980円
  • プランMは+490円
  • プランLは+0円

で追加発行ができます。

 

さらに、最大3枚まで追加で発行できて、何枚でも月額料金は変わりません。

タブレットを使いたい場合には、ワイモバイルの方がお得です。

 

  • スマホ1台でデータ容量を上手に調整したい人はUQ
  • タブレットも使う人はワイモバイル

音声通話は自分の好みの方を

UQはぴったりプランかおしゃべりプラン

 

UQモバイルには、ぴったりプランとおしゃべりプランの2種類の通話プランがあります。

  • ぴったりプラン:Sが60分/月、Mが120分/月、Lが180分/月の無料通話
  • おしゃべりプラン:1回5分以内かけ放題(S/M/L)

「回数は少ないけど一回の電話が長い人」はぴったりプラン、「短い電話を何回もする人」はおしゃべりプラン、というふうに自分にあった方を選びましょう。

 

月ごとにこのプランは変えることができるので、細かくカスタマイズが可能です。

しかしその代わり、UQモバイルには完全かけ放題のプランがありません。

ワイモバイルは10分以内かけ放題+完全かけ放題あり

 

ワイモバイルの通話プランは、1回10分以内かけ放題のプランのみになります。

UQモバイルのように、プランを選ぶことはできません。

 

その代わり、ワイモバイルには「スーパーだれとでも定額」という完全かけ放題のプランがあります。

月額1,000円のオプションですが、電話をたくさんする人にとってはワイモバイルの方がおすすめです。

  • 自分好みの通話プランにカスタムしたい人はUQ
  • 料金を気にせずたくさん電話したい人はワイモバイル

低速時の通信速度はUQの方が速い

月間のデータ容量を超えてしまうと、スマホは低速モードに切り替わります。その際の通信速度についてです。

「ギガがなくなった状態」ってことだよ

UQは最大300kbps ある程度の普段使いはできる

 

UQモバイルは低速時、通信速度が最大300kbpsになります。

300kbpsといってもピンとこないと思いますが、この速度は他の格安SIMに比べてとても速いです。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • ネット検索
  • ミュージックアプリ

といった、普段使うような機能なら、多少おそくなるぐらいで問題なく使えます。

YouTubeなどの動画も、低画質に設定しておけば止まりません。

 

高画質の動画、画像の多い検索、インスタグラムなどは相当読み込むのに時間がかかるので、注意が必要です。

ワイモバイルは最大128kbps かなりおそい

 

「UQモバイルが300kbpsで、ワイモバイルが128kbpsだからそこまで差はないんじゃないの」と思うかもしれません。

しかし、ワイモバイルの128kbpsという速度はかなりおそいです。

 

LINEでテキストを読み込むことぐらいはできますが、ほとんどの作業はおそすぎて使い物になりません笑

ワイモバイルでギガを使い切ってしまった時は、おとなしく追加で容量を買った方がいいです。

  • UQは低速時でもある程度の普段使いはできる
  • ワイモバイルは使い物にならないレベル

まとめ:UQモバイルとY!mobileの違い

UQモバイルとワイモバイルの同じ点・違う点を紹介しました。

最後にそれぞれの特徴をまとめておきましょう。

UQモバイル

  • データ繰り越し機能・ターボ機能でデータ容量をムダなく使える
  • 通話プランはぴったり/おしゃべりプランの2つから選べる
  • 低速通信時でもある程度の普段使いができる

ワイモバイル

  • 完全かけ放プランがある
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • タブレットも使う人はシェアプランでお得になる

どちらもおすすめな格安SIMであることは間違いありません。

 

  • 通信データをムダなく使いたい人はUQモバイル
  • 電話代を気にせずたくさん電話をしたい人はワイモバイル

というように、自分の好みにあった方を選んで、快適なスマホライフを送りましょう!

 

以上、「UQモバイルとワイモバイルの違い!結局どっちが良い?」でした。

それでは。

【公式】UQモバイル

【公式】Y!mobile

ここまで読んでくださった方だけに特別なお知らせです!

UQモバイルでは現在、6月3日(月)8:59までの期間限定で、最大13,000円がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

下記の専用ページから申し込むことで、キャンペーンに参加できます。

期限がせまってますので、お申し込みはお早めに!

キャッシュバック専用ページから申し込む

詳しくはこちらの記事で↓

UQモバイルのキャッシュバックキャンペーン
最大10,000円!UQモバイルのキャッシュバックキャンペーン詳細! こんな疑問を解決できる記事になっています。 現在UQモバイルでは、最高10,000円がもらえるキャッシュバックキャンペーン...