お金・節約

格安スマホはなぜ安い?3大キャリアと比較して安い理由を解説!

格安スマホなら月々の携帯代が2,000円くらいになるらしいけど、なんだかあやしい…何か裏があるんじゃないの?安い理由が知りたい! 

こんな疑問を解決できる記事になっています。

本記事の内容

  • 3大キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の料金が高い理由
  • 格安スマホが安い理由
  • 格安スマホのデメリット

最近話題の「格安スマホ」。そのほとんどが月々の携帯料金を、2,000~3,000円におさえることができます。

一方で、auやドコモ、ソフトバンクの3大キャリアを使っている人は、月々6,000~10,000円は払っているんじゃないでしょうか?

 

ぼく自身も、いままで3大キャリアで月々9,000円ほど払っていましたが、格安スマホに変えたことで、月々3,000円におさえることができています。

1ヶ月6,000円の節約です!

 

これだけ安くなると、「何か裏がありそう」「安すぎて不安」という方もいると思います。

(ぼくも格安スマホにする前はめっちゃ疑ってました笑)

 

そこで今回は、なぜ格安スマホ(格安SIM)は安いのか、その理由を説明していきます。

安さの理由がわかれば、格安スマホへの乗り換えも怖くないですよ。

では見ていきましょう。

3大キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の料金が高い理由

格安スマホの安さの理由を説明する前に、まずは3大キャリアがなぜ高いのかを説明していきます。

これを知ることによって、格安スマホが安い理由がよりわかりやすくなります。

人件費やテナント料がかかる

3大キャリアは、契約や操作を店舗で行いますよね。

そのため人件費やテナント料がかなりかかるので、携帯料金も高くなる、というわけです。

これは説明しなくてもわかるよね

回線の維持費がかかる

3大キャリアは、それぞれ自社で回線を持っているため、アンテナや基地局の維持費がかかります。

この維持費が通信料に上乗せされるので、料金が高くなってしまうんです。

独自のサービスがプランにふくまれている

3大キャリアの場合、それぞれの会社の独自のサービスが、料金プランにふくまれています。

例えばこんなサービスがそうですね。

  • 通話かけ放題
  • セキュリティ
  • キャリアメール
  • 操作アシスト

これらのサービスは使う・使わないにかかわらず、料金を払わなくてはいけません。

そのため月々の料金が高くついてしまうんです。

格安スマホが安い理由

3大キャリアが高い理由を軽く説明しました。

ここからは格安スマホが安い理由を説明していきます。

3大キャリアが高い理由と比べればわかりやすいよ!

人件費やテナント料の削減

格安スマホ会社のほとんどは店舗を持っていません。(持っていたとしても少数)

契約をネット経由で行えるので、店舗が必要ないんです。

 

そのため、人件費やテナント料のコストを削減できるので、料金をおさえることができる、というわけです。

回線の維持費がかからない

格安スマホは、インターネット通信や電話で使用する回線を、3大キャリアから借りて使用しています。

そのため、通常ならかかるアンテナや基地局の維持費が必要ありません。

 

この回線の維持費がかからないことが、格安を実現させている、というわけです。

多くのサービスを自分で選択できる

3大キャリアは、「独自のサービスがプランにふくまれているため料金が高い」と説明しました。

これが格安スマホの場合、自分でサービスを選んで、有料オプションとして付けることができます。

そのため自分が必要ないサービスはつけなくて済むので、余計な料金をおさえられる、というわけです。

格安スマホのデメリット

安さの理由はわかったけど、その分デメリットとかないの?

安いだけあって、その分デメリットもあります。

ただ、どれも解決策があるのでご安心ください。

ということで続いては、格安スマホの「安さゆえのデメリット」とその解決策を紹介します。

契約や操作は自分でやる

格安スマホ会社は店舗がない、または少ないので、契約は自分で調べてット経由で行う必要があります。

(店舗があれば店舗で契約できます)

また、トラブルや使用方法などに関するサポートも、電話やチャット対応の場合がほとんどです。

3大キャリアの場合は、店舗があって店員さんが対応してくれるので、それに比べると不便に感じる人もいると思います。

解決策

サポートに関して不安な人は、「訪問サポート」や「操作サポート」といった有料オプションをつければ安心です。

それから自分で契約するのが不安な人は、「UQモバイル」や「楽天モバイル」など、店舗がある格安スマホ会社を選びましょう。

とはいえ、意外と簡単に自分で契約できちゃいます。

『格安スマホへの乗り換えの流れ』を書いた記事があるので、こちらを参考にしてみてください。

むずかしい?格安SIMへの乗り換えが超簡単だった件【ドコモ→UQモバイル】 格安SIMへの乗り換えってむずかしそうなイメージがありますよね。 ぼくも乗り換える前はそう思ってました。 ...
最近では店舗を持つ格安スマホ会社も増えてきているよ!

通信速度が遅い時間がある

格安スマホ会社は、3大キャリアから回線を借りて使っています。

そのため回線の幅がせまく、多くの人が格安スマホを使う、お昼ごろや夕方は通信速度が遅くなります。

会社によりますが、LINEやTwitter、ネットサーフィンなんかをするには問題ないですが、YouTubeなどの動画を見るには遅くてストレス、という場合がほとんどです。

解決策

 

「通信速度がちょっとでも遅くなるのはいやだ」という人は、速度重視の格安スマホ会社を選びましょう。

UQモバイル」や「Yモバイル」などが、速度が速いことで有名です。

このどちらかを選んでおけば、通信速度の遅さが気になることはないでしょう。

 

ちなみにぼくも実際に使っている「UQモバイル」が特におすすめです。

今ならUQモバイルのWi-Fiルーター、「WiMAX」を同月内に契約すれば、期間限定で10,000円のキャッシュバックを受け取れます。

終了時期は未定なので乗り換えはお早めに!

\10,000円キャッシュバック!/

UQモバイル公式サイトへ

電話代が高め

格安スマホ会社は、データ通信費が安い代わりに、通話代が高めのところがほとんどです。

格安スマホ会社の多くが、30秒あたり20円くらいなので、よく電話をする人は料金が高くついてしまうことも。

解決策

 

格安スマホ会社の場合、プランには通話かけ放題がふくまれないことがほとんどですが、有料オプションとしてつけることができます。

会社によってですが、料金は500円~1,500円ほどです。

よく電話をする人は、かけ放題プランをつけることをおすすめします。

 

それからもう一つは通話アプリを使う、という方法があります。

電話をする際は、LINEやSkypeなどの無料通話アプリを使いましょう。

そうすれば通話代が高くつくことはありません。

キャリアメールが使えない

今まで当たり前のように使っていたキャリアメールは、プランにふくまれていたから使えたんです。(ドコモだったら〇◇△~@docomo.ne.jpみたいなやつ)

格安スマホ会社に乗り換えた場合、このキャリアメールは使えなくなります。

でもメール自体が使えなくなるわけではないので、安心してください。

解決策

 

解決策として、「Yahoo!メール」や「Gmail」といったフリーメールを使います。

「フリーメールの取得ってどうやるの?」「むずかしそう…」と思うかもしれませんが、これが意外と簡単なんです。

こちらから→「Yahoo!メール」の公式サイトに飛べるので、手順にそってやっていけば簡単に取得できますよ。

 

さいごに:あやしくない!格安スマホが安い理由

格安スマホ会社の安い理由を説明しました。

3大キャリアと比較すると、安い理由がわかりやすいですよね。

まとめるとこんな感じです。

格安スマホが安い理由

  • 人件費やテナント料の削減
  • 回線の維持費が不要
  • 多くのサービスを自分で選択できる

多くのコストを削減することによって、その安さを実現している、というわけです。

 

安さの理由がちゃんと理解できれば、もうあやしくはないですよね笑

これを機に、格安スマホへの乗り換えを考えてみてはいかかでしょうか?

毎月高い料金を払い続けるのは、もう終わりにしましょう!

 

以上「格安スマホはなぜ安い?3大キャリアと比較して安い理由を解説!」でした。

それでは。

 

おすすめの格安スマホ

おすすめの格安スマホ会社は、ぼくも使っているUQモバイル

通信速度の「速さ」と「安定感」が抜群です。

乗り換えるなら、期間限定キャッシュバックキャンペーンをやっている今がおすすめですよ!

「WiMAX」を同月内に契約して

\10,000円キャッシュバック!/

UQモバイル公式サイトへ

 

UQモバイルへの乗り換え手順はこちら↓

むずかしい?格安SIMへの乗り換えが超簡単だった件【ドコモ→UQモバイル】 格安SIMへの乗り換えってむずかしそうなイメージがありますよね。 ぼくも乗り換える前はそう思ってました。 ...