書評

書評『20歳の自分に受けさせたい文章講義』この1冊でブログに必要な文章力は身につく!

「ブログに必要な文章力を身につけたい!」

そう思っていたときに出会った1冊。

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

今回はこの『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の書評を書いていきます。

 

結論から言うと、ブロガー必読の1冊です!

この本さえ読んでおけば、ブログに必要な文章力を身につけることができます。

さっそく詳細を見ていきましょう。

この記事では、ブロガーに向けて『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を紹介します。

ですがもちろん、ブログ意外にも

  • メール
  • 企画書
  • レポート
  • 日記

など、あらゆる文章に活かすことができます。

文章を書く機会が少しでもあれば、読んでおいて損はない1冊ですよ。

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』概要・著者

メモしている人

まずは本の概要と、著者について。

 

この本の著者は、多数のヒット作を生みだしている古賀史健さん。

世界累計500万部の大ヒットとなった、『嫌われる勇気』の著者でもあります。

 

古賀さんは、15年以上フリーのライターとして活躍している、まさに“書くこと”に関するプロです。

そんなプロが書いた本書は、一言で言うと「書く技術の授業」

今まで学校では教わらなかった、文章の書き方についてまとめられています。

 

内容はよくある小手先のテクニックや精神論ではなく、それよりももっと本質的な

  • 書くための意識
  • 技術
  • 考え方

など、文章の幹となる部分について書かれています。

そのため、ブロガーはもちろん、普段少しでも文章を書く機会がある人なら必ず役に立つ内容です。

では具体的にはどんな内容なのか。次の章でいくつか抜粋してご紹介します。

ブログで月7ケタの収入を得ているマナブさん(@manabubannai)も、本書をおすすめの書籍として紹介してます。

古賀史健さんの他の著書はこちらから

人を操る禁断の文章
【書評】ブログで稼ぎたいなら『人を操る禁断の文章術』がおすすめ!この記事は、メンタリストDaiGoの『人を操る禁断の文章術』の書評記事です。この本は一言で言うなら、「文章の力を使って、相手を動かすための本」です。メールや企画書はもちろん、特にブログを書いてる人にはおすすめの1冊ですよ!...

要点まとめ|ココがブログに役立つ!

メモ帳

20歳の自分に受けさせたい文章講義』は、ガイダンスを含めた5つの講義から構成されています。

  • ガイダンス…そもそも文章とは何のか
  • 第1講『リズム』…読みやすい文章に必要な『リズム』とは
  • 第2講『構成』…文章をどう構成するか
  • 第3講『読者』…どうやって読者に読ませるか
  • 第4講『編集』…文章を編集するとは

そして今回は、1つの講義から1つずつ、特にブログに役立つと感じた箇所を紹介していきます。

 

とはいえ、実際には1つの講義から1つではまったく足りないほど濃い内容です。

詳しくは実際に本を手にとって、自分で確認するのが1番ですよ。

ガイダンス:『書くこと=考えること』

まずガイダンスでは、文章とは何なのか、”書“とはどういうことなのか、といった本書の土台となる内容が書かれています。

 

そしてこのガイダンスで、最もブログに役立つと思った箇所は、

「書くこと=考えること」

という主張です。

著者の古賀さんは、「書くという行為は、理解を深める行為でもある」と言っています。

 

なぜ書くことで理解が深まるのか。それは、書くためには頭の中を整理して、アウトプットする必要があるからです。

確かに記事にしたことって、より理解できて、かつ記憶にも残ってますよね。

 

そしてこの記事もまさにそうです。ぼくは本の内容をより理解するために、記事に書きました。本の内容を整理し、アウトプットしたんです。

その結果、記事を書く前と後では、本への理解度がまったくちがいました

あきらかに記事にした後の方が、本の内容を理解できています。

書くという行為には、それだけ力があるんです。

わからないことがあったら書こう!書くことで理解が深まるよ

第1講:読みにくい文章を防ぐには接続詞に注目

第1講では、いい文章に必要な「リズム」について解説されています。

 

そんな第1講で特に印象に残ったのは、読みにくい文章について。

本書では読みにくい文章とは、

「文章がおかしいのではなく、文と文の『つなげ方』や『展開の仕方』がおかしいのだ」

と書かれています。

 

では読みにくい文章を防ぐためにはどうすればいいのか。

答えは「接続詞」への意識です。

 

まずは、本書にも出てきた読みにくい文章の例をあげてみましょう。

読みにくい文章の例

「企業のリストラが進み、日本の終身雇用制度は崩壊した。

能力主義の浸透は若手にとって、大きなチャンスである。」

一見すると大きな間違いはないように見えるこの文章、ただどこか違和感を感じませんか?

この違和感の正体は、文のつながりにあります。

1つ1つの文は正しいです。しかし、「終身雇用制度の崩壊」は「能力主義の浸透」にはつながりません。論点がすり替えられているのです。

 

ここで活躍するのが接続詞。

例に出した2つの文をつなぐ接続詞を考えてみましょう。

「そして?」「だから?」「しかし?」…。

実はどれもあてはまらないんです。このことから、2つの文がまったく違う話をしているとわかります。

 

このように、接続詞が入るかをチェックすれば、支離滅裂で読みにくい文章になることを防げるのです。

とはいえ、すべての文を接続詞でつなげろというわけではありません。

あくまで、「そこに接続詞が入るかチェックする」という意識が大切です。

読みにくい文章を防ぐためには、接続詞に注目!

第2講:読みやすい文章は3層のマトリョーシカ構造

ガイダンスと第1講は、本書の大前提となるような内容でした。

第2講のテーマは、文章の構成についてです。

 

この第2講で著者の古賀さんは、「読みやすい文章とは論理的な文章である」と語っています。

これだけ聞いても、ピンときませんよね。

本書では、この論理的(読みやすい)文章をマトリョーシカ人形に例えています。

マトリョーシカ

マトリョーシカ人形とは、人形をあけるたびに一回り小さな人形が出てくる、ロシアの伝統的な土産品です。

 

そして論理的な文章とは、下記の3層のマトリョーシカからできています。

マトリョーシカの3層構造

まず伝えたい主張があり、その中に主張の理由、さらにまたその中に理由を支える事実がある。(主張→理由→事実)

この3層を守りうまく連動させることで、論理的な文章、つまり読みやすい文章になるというわけです。

 

ここで1つ例をみてみましょう。

マトリョーシカ構造の例

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』さえ読めば、ブログに必要な文章力は身につきます(主張)

なぜなら、この本にはブログに役立つ「書く技術」が、わかりやすく鮮明に書かれているからです(理由)

事実として、ブログで月7ケタ稼いでいるマナブさんも、本書を「文書のことを学ぶならこの本」とおすすめしています(事実)

この文は主張・理由・事実からできていますが、理由と事実のどちらかを抜いて読んでみてください。

主張が弱く聞こえませんか。

読みやすい文章にするためには、主張・理由・事実の3つがそろっていなくてはいけないのです。

第3講:読者のイスに座る

第3講では、文章に不可欠な読者の存在について解説されています。

ブロガーには、この第3講をぜひ読んでいただきたい!

なぜなら、「読者は何を求めているか」「どうすれば読者は動くか」など、本書のなかで最もブログに役立つ部分だからです。

読んでいると、「あれ、これってあの先輩ブロガーも言ってたな」みたいな箇所がたくさんでてきておもしろいですよ。

多くのブロガーがこの本を参考にしているんだね

そして今回はそのなかでも1つ、

文章を書くときにどんな読者を想定すればいいのか、という部分をピックアップしました。

 

結論から言うと、文章を書くときは下記の2人に向けて書くといいです。

  1. 10年前の自分
  2. 特定のあの人

この2人の読者のイスに座り、同じ視点で同じ景色を見ることが、読者の理解につながります。

それぞれ説明していきましょう。

 

①10年前の自分に向けて書く

まず1番有効なのは、10年前の自分に向けて書く、ということです。

10年という数字は、半年前や20年前と考えてもいいです。とにかくあの時の自分に向けて書きます。

ではなぜ10年前の自分に向けて書くのか、それは

いま、この瞬間にも日本のどこかに、「10年前のあなた」がいるから

です。

あの時の自分と同じ悩み・問題を抱え、同じ景色を見て、同じように苦しんでいる人が必ずいます。

 

そんなあの時の自分は「どんな言葉をきらい、どんな言葉に耳をかたむけ、どう伝えれば納得するか」自分ならわかるし、書けるはずです。

 

『過去の自分に向けて書く=いまを生きている「誰か」に向けて書く』

ということなのです。

まさに、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』は、著者の古賀さんが、20歳の頃の自分に向けて書いています。

②特定のあの人に向けて書く

それから、直接の知り合いのだれか1人を想定して書く、のも有効です。

 

つい多くの人に読んでほしいと、多数派に向けて文章を書いてしまいがちです。

でもこうしてみんなに向けて書いた文章は、皮肉にも誰からも読まれない文章になってしまいます。

ターゲットを特定のあの人にまでしぼるからこそ、他者に伝わる文章が書けるのです。

 

特定のあの人に向けて書く例

×20代の会社員

東京の/工場に勤める/23歳の/1人暮らし/彼女なし/のあの人

特定のあの人が思い浮かばないときは、自分で人物を想像しちゃってもいいよ

文章を書くときは、下記の2人に向けて書く。

  1. 10年前の自分
  2. 特定のあの人

ターゲットをしぼることで、より多くの人にささる文章になる。

第4講:推敲の禁句は「もったいない」

第4講のテーマは推敲(すいこう)

書き終えた文章は読み返して、書き直したり、削ったり補ったりする必要があります。

ブログでもそうですよね。

 

そしてこの第4講で最も役立つと思ったのが、

文章を見直す際の、「もったいない」の禁止です。

 

あなたにもこんな経験はないですか?

  • がんばって書いたのに削るのは”もったいない“
  • せっかく調べたから入れないのは“もったいない”

文章を削るのって、ついもったいないと思っちゃいますよね。

 

でもこれは読者には関係ないことです。

読者は、あなたの「がんばり」や「悩んだ量」を評価するのではない。

あくまでも、文章の面白さ、読みやすさ、そして、書かれた内容について評価を下すのである

読者がみているのは、あなたのがんばりではなく、書かれた内容です。

文書を見直すときは、もったいないを禁句にいらない部分を削っていきましょう。

(ちなみにこの記事も5,000文字から4,000文字にまで削りました笑)

まとめ:『20歳の自分に受けさせたい文章講義』はブロガー必読の1冊!

この記事では、ブロガー必読の1冊、20歳の自分に受けさせたい文章講義』を紹介しました。

特に重要だと感じた部分をいくつか紹介しましたが、ブログに役立ちそうな情報はありましたか。

 

今回紹介したのはほんの一部分だけです。

他にも

  • 文章を音読する際のポイント
  • 自分の文章にツッコミを入れる

など、ブログに役立つ内容が盛りだくさんとなっています。

読んだことがないブロガーは、ぜひ1度手にとって読んでみてください。

この1冊さえあれば、ブログに必要な文章力を身につけることができますよ。

 

以上、「書評『20歳の自分に受けさせたい文章講義』この1冊でブログに必要な文章力は身につく!」でした。

▼文章について学ぶならこの1冊▼

人を操る禁断の文章
【書評】ブログで稼ぎたいなら『人を操る禁断の文章術』がおすすめ!この記事は、メンタリストDaiGoの『人を操る禁断の文章術』の書評記事です。この本は一言で言うなら、「文章の力を使って、相手を動かすための本」です。メールや企画書はもちろん、特にブログを書いてる人にはおすすめの1冊ですよ!...
ブログ飯の感想
『ブログ飯』の感想!ブログ初心者にぜひ読んでほしい1冊!どうもびびです! ぼくは今、ブログへのやる気で満ち溢れています!! なぜなら染谷昌利さんの『ブログ飯』を読み終えたばかりだか...

 

▼稼ぐブログの作り方を知るならこの1冊▼

▼SEOの基礎を知るならこの1冊▼

かえるのしっぽプロフィール

この記事が気に入ったらフォローしよう!