筋トレ・スポーツ

【ラグビー】日本代表になぜ外国人?国籍は関係ない?条件は?

ラグビー外国人のアイキャッチ画像
なんでラグビーの日本代表に外国人がいるの?

こんな方に向けた記事になります。

この記事の内容

✅なぜ日本代表に外国人選手がいるのか

✅外国人が日本代表になるための条件とは

✅他の国の外国人の割合はどうなのか

2019年の9月に開幕がせまったラグビーワールドカップ日本大会

各メディアでも、日本代表の選手がとりあげられることが増えてきました。

 

そこで多くのラグビー初心者が疑問に思うのが、「なんで外国人が日本代表にいるの?」ということではないでしょうか。

ラグビーW杯2015では、日本代表の31人のうち10人が外国人選手だったため、実際にこのような疑問を多く聞きました。

 

日本代表の選手に外国人がいる理由は、代表になるための条件が他のスポーツとはちょっと違うことにあります。

というわけで、その条件や、他の国の外国人選手の割合などをまとめました。

W杯までに予習しておきましょう。

なぜ外国人が日本代表に?資格をとる条件

代表資格を渡している画像ラグビーではその国の国籍をもっていなくても、代表入りすることができます。

しかし誰でもなれるわけではなく、外国人が日本代表の選手になるには条件があります。

まず大前提として、「他の国の代表経験がない」ということ。

 

それから、

  1. 日本生まれ
  2. 両親、祖父母のうち1人が日本生まれ
  3. 3年以上継続して日本に住んでいる

※2020年12月31日から条件が5年以上に変わります。

この①から③のうち、1つを満たしていることが条件になります。

つまり「日本以外の国で代表になっていない」+「①~③の条件のうちどれか1つでもクリア」で日本代表になれるというわけです。

ほとんどの外国人選手は、③の「3年以上継続して日本に住んでいる」の条件をクリアして、日本代表になっています。

 

また、外国人選手の人数に制限はないため、日本代表に何人外国人がいてもルール上は問題ありません。

日本の国籍が必要なく、条件もむずかしくないから、日本代表には外国人選手が多くいるんだね 

ちなみに…

昔はある国で代表になっても、その後さらに他の国で代表になることができました。

例えば日本の現在のヘッドコーチ、ジェイミー・ジョセフ氏は、過去にオーストラリア代表として活躍後、日本代表としても活躍しています。

日本人は外国の代表資格をとれる?

では逆に、日本の選手が外国で代表資格をとれるのか。

答えは「取れます」。

条件は、外国人選手が日本代表になるための条件と同じです。

 

ニュージーランドに留学していた堀江翔太選手は実際にオールブラックスを目指していたこともあるそうです。

外国人選手が多いのは日本だけじゃない

他の国の外国人の割合は?外国人選手が多いのって日本だけなの?

実は外国人選手が多いのは日本だけではありません。

2015年のラグビーW杯の、出場国ごとの外国人選手の人数を調べました。

W杯2015出場国ごとの外国人選手数

人数
サモア 13人
ウェールズ 12人
トンガ 12人
スコットランド 12人
日本 11人
フランス 10人
オーストラリア 9人
イタリア 9人
アメリカ 9人
アイルランド 7人

 

全20チーム中、日本は5番目。「やや外国人選手が多い」といったところですかね。

日本だけが突出して多いわけではなく、他の国も日本と同じくらい外国人選手がプレーしていることがわかります。

 

あの世界1位のオールブラックスですら、全員がニュージーランドの選手というわけではありません。

全20チームの中で、生まれも育ちも自国の選手だけ結成されているのは、アルゼンチン代表のたった1チームだけです。

外国人選手が多いのは日本だけではない。これが世界ラグビーの特徴であり、文化!

日本にはなじみのない文化だから気になる人が多いんだね

「外国人選手が多すぎて応援する気にならない」という人へ

それでも外国人多すぎる
外国人ばっかで応援する気にならない

そんな方に伝えたいことを書きます。

 

条件でも説明しましたが、1度どこかの国で代表になった選手は、他の国では代表になることはできません。

つまり、今日本代表で活躍している外国人選手は、母国で代表になることはできないのです。

 

確かに選手によって、「日本が好きだから」という人もいれば、「母国で出場の機会に恵まれなかったから」という人もいます。理由はそれぞれです。

 

ですが、母国の代表をけって、数ある国の中から日本を選んでくれたんです。彼らは日本を背負って戦ってくれています。

ぼくらはそれを尊重・感謝するべきだと思うんです。

 

「外国人だから…」というようなマイナスな考え方が減って、日本のためにがんばる外国人選手を応援する人が増えてほしいと思います。

さいごに:日本代表で活躍する外国人選手を応援しよう!

日本代表に外国人選手がいる理由や、他国の外国人選手の割合などをまとめました。

ラグビーでは国籍は関係なく、条件さえ満たしていれば国の代表になることができます。

 

その条件がこちら。

外国人選手が日本代表になるための条件

  • 他の国の代表経験がない

  1. 日本生まれ
  2. 両親、祖父母のうち1人が日本生まれ
  3. 3年以上継続して日本に住んでいる

(①~③のうちどれか1つ)

むずかしい条件じゃないから、外国人選手がたくさん日本代表になっているんだね

外国人選手が多いのは日本だけではありません。

これがラグビーの文化なのです。

 

W杯まで残り3ヶ月、日本ために頑張る外国人選手を応援しましょう!

以上、「【ラグビー】日本代表になぜ外国人?国籍は関係ない?条件は?」でした。

ラグビー初心者がW杯を楽しむ方法のアイキャッチ画像
ラグビー初心者がワールドカップを楽しむための3つのポイント!「ラグビーワールドカップ2019が日本で開催されるけど、ラグビーのこと何もわからない」という初心者のために、今大会の楽しみ方を3つのポイントに分けて紹介します。このポイントさえおさえておけば、何倍もラグビーW杯を楽しめること間違いなしです!...
ラグビーのイケメン選手のアイキャッチ画像
【ラグビーW杯2019】注目のイケメン選手5人!【日本代表】ラグビーワールドカップ2019に出場する、日本代表のイケメン選手をまとめました「ラグビーのことよくわからない」という人も、お気に入りのイケメン選手を見つけてワールドカップを楽しみましょう!...